最近のコメント

     

    カテゴリー

     

    Archive for 7月 5th, 2017

    日本料理から学べば料理が上手に!今日から活きる基礎

    日本料理から学べば料理が上手に!今日から活きる基礎

    ひたしものの料理法というと作り手によって変わると思われます。ですが、ベーシックな作成手順も再確認しておくのも良いでしょう。出汁に加えてみりん、更に醤油と言った材料に浸けて食べるスタイルが元来の調理のやり方なのですが、他にシンプルにしょうゆを振りかけるのみで仕上げる浸し物というのも馴染みがあります。

    茄子や大根で作った当座漬けも、普段から食卓へ加えてあげたい小鉢です。当座漬けを作る場合に注意する塩分量ですが、材料に対して2から3%程度が適正量です。塩だけで作っても良いと言えますが、ついでに昆布にトウガラシ、又はしょうがなどを同時に寝かせる事で風味やらうま味成分が浸み込みます。

    一流の食事に留まらず自宅での料理に至るまで、美味な和食は必然的に肝となる出汁を用いています。とても忙しい現代の日本人はついジャンクフードの類を沢山食べてしまいがちでしょうが、時折たっぷり手間が掛かった料理を味わいたいですね。

    2017年7月5日 Comments are Disabled Read More