最近のコメント

     

    カテゴリー

     

    Archive for 11月, 2016

    家族の介助と看護に忙しい!心労を低減する豆知識

    家族の介助と看護に忙しい!心労を低減する豆知識

    若年時からずっと家族の看護と介助をしていると、心労等を聞いてもらえる親しい人を見つけるのに苦労すると言うパターンも少なくないと言われます。

    それは、同じ世代である友だちに同じ悩みを共有する人が多くなかったり、親族間の交流等が途切れがちになってきているのが理由です。親族の介助と看護問題が押し迫った状況では、一先ず専門家に助言を請うのが良いでしょう。

    また、専任のプランナーなどがいない方は、自宅近くの介護予防支援事業所に話してみるのがおすすめです。公的な施設なため、無料で相談可能です。

    看護と介助に関する悩み事を感じてもすぐさまコンサルタントや看護・介助事業所から助言がもらえない場合、ともかくインターネットで色々な情報を調べるという手法が有用です。

    自分が内面の負担に押し負ける前に自らアクションに移して、問題解消へアプローチしていきましょう。

    2016年11月28日 Comments are Disabled Read More
    30代女性たちの健康トラブルをスッキリ片付ける手軽な方法とは

    30代女性たちの健康トラブルをスッキリ片付ける手軽な方法とは

    疲労が慢性化している、或いははっきり言えないが不具合があると言う声が多く聞かれます。肉体的には健康であるにも関わらず、いったい何故なのでしょうか?ありがちなのが、精神疲労あるいは実生活習慣が変わった事でしょう。

    なにはともあれ健康が不調な大元を絞っていく事です。閉経期障害に類似した現象が、20代~30代女性の体にもよく見られるものです。要因は乱れたなライフサイクルと肉体的疲労あるいは精神疲労、他にはオーバーフローな体脂肪の削減等によるもので、それによってホルモンの分泌の異常や、或いは卵巣機能が低下したりします。

    若い人でも欲求不満や眩暈、体温の上昇或いは頭痛や肩凝りなどの症候がある場合には、若年性の閉経期障害を疑ってみると良いでしょう。なお月経周期異常等身体の不具合も出てくる時は、出来るだけ速やかに専門医院に診てもらいましょう。

    2016年11月22日 Comments are Disabled Read More
    三十代が抱える健康不安に対処しよう

    三十代が抱える健康不安に対処しよう

    社会人女性の間で運動習慣離れというのが著しくなっているようです。会社に家事に忙しい世代ですと、コンスタントなフィットネスは難しいせいではないでしょうか。

    その為に、フィットネスの欠如がもたらす体調不順が顕在化する場合というのも多いのです。やりたいと思う運動はあるものの時間の余裕も資金もそんなにない、という30代の方も多いでしょう。こういった場合は、取りあえずの運動から試してみると良いのでは?

    電車内と空き時間を使って割と簡単にやれる柔軟体操から始めていくとよいでしょう。若者であってもイライラやほてり、肩凝りあるいはのぼせですとか頭部の疼痛等の兆候が顕著な場合には、若年性の閉経期障害の可能性があります。

    そして生理不調等カラダの不具合が生じているのなら、まず婦人科医にかかってみてください。

    2016年11月16日 Comments are Disabled Read More